くらしお古今東西

東京都と塩

東京湾岸では、塩づくりの記録はほとんど見られません。

江戸時代のはじめごろには、行徳塩などの「地廻り塩」による自給自足が目指されましたが、江戸の繁栄に伴いそれだけでは足りなくなり、瀬戸内からの「下り塩」が主となっていきました。江戸は関東の塩の流通の中心であり、江戸に届いた塩はさらに関東平野の各地に運ばれました。

一方、伊豆諸島の複数の島では、江戸時代に年貢として塩を納めていた記録があり、主に海水を直接煮つめる方法での塩づくりが行われていました。三宅島には、戦国期にも塩の「運上」が課せられた記録があり、江戸時代より前から塩がつくられていたようです。

参考文献:『伊豆諸島の塩と生活』坂口一雄

塩にまつわる人物

田中鶴吉

幕臣の息子として江戸に生まれました。幕末に渡米し、サンフランシスコ近くの天日製塩所で働いて塩づくりを学びました。その後帰国し、明治13(1880)年、深川地先で天日塩田を築造しましたが、試験の開始前に暴風雨に襲われて塩田は壊滅してしまいました。明治14(1881)年には小笠原諸島へわたり、小規模な塩田をつくって実験した後、父島で大規模な天日塩田の築造を計画しましたが、実現には至りませんでした。

参考文献:『日本塩業体系 近代(稿)』

塩にまつわる名産品

塩の不足が生んだ「くさや」

「くさや」は伊豆諸島の名産品として有名ですが、その由来には塩の不足が関係しています。江戸時代、伊豆諸島ではつくった塩を幕府へ貢納品していました。そのため、近海の好漁場で獲れる魚類の干物にするための塩は十分に確保できませんでした。

そこで、大きな容器に海水を入れ、開いた魚を浸してから天日に干すという工程を繰り返して魚の塩分濃度を高めるという方法で干物をつくっていました。

そのうちに、魚を浸していた海水(漬け汁)が発酵して、匂いは異様ですが美味な液体になりました。この液に魚を漬け込んでつくった干物が「くさや」です。

 

参考文献:『漬け物大全 世界の発酵食品探訪記録』小泉武夫

塩と暮らしを結ぶ運動推進協議会会員

公益財団法人塩事業センター

 

塩輸送協会

 

全国塩元売協会

 

全国輸入塩協会

 

一般社団法人日本塩工業会

 

日本特殊製法塩協会

  • 株式会社天塩
  • SKWイーストアジア株式会社
  • 株式会社サイネットカンパニー
  • 一般社団法人日本ソルトマイスター協会
  • 株式会社白松
  • 波動法製造株式会社
  • 朋和商事株式会社

 

賛助会員

 

協力団体・協力会社等

  • 一般財団法人食品産業センター
  • 株式会社神明
  • 全国水産加工業協同組合連合会
  • 全国農業協同組合連合会
  • 全国味噌工業協同組合連合会
  • 全日本漬物協同組合連合会
  • 一般社団法人大日本水産会
  • 日本醤油協会
  • 日本ソーダ工業会
  • 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会
  • 熱中症予防声かけプロジェクト
  • 三井物産株式会社
  • 三菱商事株式会社
  • 三菱マテリアル株式会社
  • 一般社団法人和食文化国民会議
  • 日本ソルトサービス株式会社
  • 株式会社食品新聞社
  • 株式会社食料新聞社
  • 株式会社日本食糧新聞社
  • 町田市
ホームへ戻る