くらしお古今東西

千葉県と塩

千葉県の行徳(現市川市)では、江戸時代より前から、塩づくりが行われていたとされています。徳川家康が江戸に入って保護育成を行ったことから、行徳は関東有数の塩の産地として発達しました。また行徳の塩を江戸に輸送するために小名木川が開削されました。

最盛期には、行徳を中心に現在の船橋市、浦安市にまで入浜式の塩田が広がっていました。次第に瀬戸内の塩に押されるようになりますが、すぐに出荷せずに取り置くことでにがりを落とした「古積塩」として付加価値を高めるなどの工夫が行われました。行徳の塩づくりは、明治以降、次第に衰退しつつも、昭和の時代まで存続しました。

また明治の末までは、九十九里浜の各地で揚浜式による塩づくりが、東京湾岸の五井(現市原市)等で入浜式による塩づくりが行われていました。

参考文献:『中世以降の市川 展示解説』市立市川歴史博物館、『行徳の歴史』同

塩にまつわる人物

小野友五郎

旧幕臣。日米修好通商条約批准の随伴艦・咸臨丸の航海長なども務めました。明治維新後、塩づくりを生業とすることに決め、行徳や大堀(現君津市)で枝条架を使った塩づくりを試みました。大堀の塩づくりは大成功とはいえませんでしたが、東京の日本橋で販売し、上質な塩として高値で売れたといいます。しかし大堀の施設の風水害などのため、塩づくりへの大規模な投資はあきらめ、その後は塩づくりの技術改良や普及に専念しました。日本では困難とされていた天日による塩づくりについても検討していました。

参考文献:「製塩技術改良と小野友五郎」藤井哲博(『日本塩業の研究 第十七集』)

ホームへ戻る