くらしお古今東西

福岡県と塩

江戸時代以降、津屋崎(現福津市)、勝浦(同)、苅田(現京都郡苅田町)などで入浜式による塩づくりが行われましたが、明治以降、次第に廃止されていきました。

明治期には、箱崎(現福岡市)で石炭を燃料に蒸気を利用して海水を直接煮詰める方法での塩づくりも行われたことがあります。また戦後から昭和40年代にも、加圧式と真空式を併用して海水を直接煮つめる塩づくりが行われました。

塩にまつわる人物

大社元八(元七)

 讃岐(香川県)の人。商用で津屋崎を訪れ、海岸に荒地があるのを見て、現地の福間村(現福津市)の荘村半次郎らと塩田の開拓を計画しました。元八は家を挙げて移住し、津屋崎浜に40町あまりの塩田を築造しました(後に元七と改名)。塩田築造だけでなく、農民に綿の栽培法を指導し、綿作の普及にも貢献しました。

参考文献:『大日本塩業全書 第三編』、『塩と碑文』水上 清

塩と暮らしを結ぶ運動推進協議会会員

全国塩元売協会会員

日本特殊製法塩協会会員

  • 九電産業株式会社
ホームへ戻る