くらしお古今東西

宮崎県と塩

広大な干潟がないため、河川下流部の干拓地を利用した小規模な入浜式塩田がつくられ、近世から明治末まで、塩づくりが行われていました。

また、戦時中に、自治体が経営する入浜式塩田による塩づくりが始められ、昭和30年代まで行われました。

参考文献:『鹿児島地方局史』日本専売公社鹿児島地方局

塩の取引

江戸時代、現在の串間市にあった高鍋藩では塩づくりが盛んで、他領から塩を買いに来る船や商人に宿泊所を提供するとともに、塩の売買を斡旋して手数料を得る「塩宿」が設けられていました。

参考文献:『鹿児島地方局史』

ホームへ戻る