くらしお古今東西

福井県と塩

中世には、多烏浦(現小浜市)などの複数の浦で塩づくりが行われ、燃料の木を切り出す「塩木山」の割当てと引き換えに年貢として塩が納められていたことが記録されています。

その後、明治末まで越前及び若狭の湾岸で揚浜式による塩づくりが行われました。また戦後から昭和30年代までは、加圧式という方法で海水を直接煮つめる塩づくりも行われました。

塩の道

古代、若狭国は宮中の食材を供給するいわゆる「御食国(みけつくに)」であり、海産物や塩、米などが複数のルートで、都のあった奈良や京都に運ばれました。運ばれた物資の中でも京都の葵祭りで食される「サバ寿司」が有名になったことから、最近では、これらの複数のルートが「サバ街道」と総称されていますが、これらのルートは同時に塩の道でもありました。若狭湾でとれたサバに一塩して徹夜で京都まで運ぶと、ちょうどよい味になっていたそうです。

参考文献:『特別展 サバ街道と都の文化-京は遠ても八十里』福井県立若狭民俗資料館

ホームへ戻る