くらしお古今東西

長野県と塩

内陸の長野県には塩づくりに関する記録はほとんどありませんが、伊那郡大鹿村では明治末まで、塩泉から塩をつくっていたといいます。

長野県へは日本海側からもまた太平洋側からも塩が運ばれましたが、日本海側からの塩が「北塩」、太平洋側からの塩が「南塩」と呼ばれました。「北塩」のルートである新潟県の糸魚川から松本に至る「塩の道」千国街道が有名ですが、「北塩」、「南塩」とも、他にもさまざまな流入ルートがありました。

塩にまつわる人物

黒部銑次郎

旧阿波徳島藩士。幕末に江戸で福沢諭吉の塾(後の慶応義塾)に学びました。洋書で欧州には岩塩が産出することを知り、明治9(1876)年から、信州の鹿塩で岩塩の採掘を目指しました。これと合わせて、塩泉の塩水を枝条架で濃縮する方法での塩づくりも行いました。岩塩を発掘することはできませんでしたが、塩泉を利用した塩づくりは、小規模ながら明治の末まで行われました。

参考文献:『白い鉱山師』葵 二郎

 

塩にまつわる習俗

夜間の運搬には火を添える

下伊那郡神原村(現天龍村)では隣の新野村から塩を運ぶのに六貫俵二俵を背負ったといわれている。夜になると、山犬に襲われる怖れがあったため、必ず山犬除けに火縄銃をもって歩いたという。この火縄銃のことを、地元ではカコといわれる。

また、実際に山犬に襲われそうになったとき、背負枠(しょいた)の緒の端にあるミゾ(縄で輪の形に結んだ部分)を切って与えたりすると助かったといわれている。隣村である平岡村(現天龍村)では、草鞋の紐を長くしておき、危険を感じた時にはそれを切って与えたという。

落合 功(青山学院大学経済学部教授)

参考文献:『塩俗問答集 常民文化叢書<3>』渋沢敬三編

塩と暮らしを結ぶ運動推進協議会会員

日本特殊製法塩協会会員

  • 株式会社タカサワマテリアル
  • 信州竹炭工房 竹光
ホームへ戻る