くらしお古今東西

新潟県と塩

比較的広く長い砂浜が連なっている所が多い越後の海岸では、揚浜式の塩づくりが多くの場所で行われていたようですが、江戸時代に瀬戸内海の塩がもたらされるようになると、次第に衰えていきました。それでも、明治末まで寺泊(現長岡市)、糸魚川、佐渡島の河崎等で揚浜式塩田による塩づくりが行われていました。

また戦時中に村上市の瀬波温泉で温泉熱を利用する塩づくりが始められ、昭和30年代まで行われました。

塩を手に入れるための工夫

現在の村上市の雷では、瀬戸内の塩が新潟に入ってくるようになる前には、冬の間に山で木を伐っておき、雪解けのころに海岸まで川を流し、海岸でこれを燃料にして塩をつくっていましたが、その後は、流した木で海岸の人たちに塩をつくってもらうようになりました。そして、江戸時代に瀬戸内の塩が入ってくるようになると、流した木を薪として売って、その代金で塩を買うようになったということです。

参考文献:『塩の道』宮本常一

塩と暮らしを結ぶ運動推進協議会会員

全国塩元売協会会員

全国輸入塩協会会員

  • 株式会社日本海ソルト
ホームへ戻る