くらしお古今東西

広島県と塩

中世には因島や向島などで塩づくりが行われていたことが記録されています。

江戸時代には、各地で入浜式塩田がつくられ、盛んに塩づくりが行われました。竹原、松永、瀬戸田等の塩田が有名であり、広島県は昭和40年代まで、塩田による塩づくりの中心の一つでした。

塩にまつわる人物

NEW 本庄重正

慶長12(1607)年、尾張(愛知県)生まれ。諸国を遍歴し、赤穂(兵庫県)に滞在中に塩業を学びました。福山藩で殖産に尽力した後、万治元(1660)年から7年をかけて松永塩田を造成し、「松永の父」と呼ばれました。延宝4(1676)年に亡くなりましたが、晩年の住居の跡には、本荘神社が建てられています。

参考文献:『大日本塩業全書 第一編』

 

鈴木四郎右衛重仍

加茂郡(現東広島市ほか)の代官。藩に申請して竹原を干拓して耕地を築きましたが、耕作に適さなかったことから、赤穂から塩づくりに精通した人を招き、慶安3(1650)年に31軒の入浜塩田を築造しました。これが竹原塩田のはじまりです。

参考文献:『大日本塩業全書 第二編』、『塩と碑文』水上 清

 

 

塩と暮らしを結ぶ運動推進協議会会員

全国塩元売協会会員

  • 備後塩元売株式会社

日本特殊製法塩協会会員

  • 有限会社農業生産法人オリオン
  • 蒲刈物産株式会社
ホームへ戻る