くらしお古今東西

高知県と塩

土佐湾沿岸は波が荒く地形的にも向かないため入浜式塩田は築かれず、江戸時代から明治末まで、小規模な揚浜式塩田による塩づくりが行われていました。

塩の道

江戸時代、高知県では揚浜式による塩づくりが行われましたが、不足分は瀬戸内の塩が流入していました。仁淀川(によどがわ)流域では、土佐湾有数の商業地である須崎に、撫養(徳島県)や坂出(香川県)の塩が運ばれ、ここから馬で内陸部に運ばれました。また四万十川流域へは、伊予(愛媛県)の塩も運ばれました。一方東部では、徳島から吉野川を遡ってきた塩や詫間(香川県)から陸送された塩、また笹ヶ峰峠を越えてきた伊予の塩が、陸路で南へと運ばれました。

参考文献:『塩の道を探る』富岡儀八

ホームへ戻る